☆日常と非日常

日常とはいつもの私、いつもの生活のことで
日常からとんでもなく未知の世界へ入り込んでしまうのが、非日常。

2012年も佳境に入ってきているこの頃、
こんな時節は、慣れ親しんだ日常を離れて
非日常にますます入っていくんだなと思います
(宇宙からも大地からもエネルギー、強烈ですものね
2012年冬至にはどうなってしまうか~ ワクドキです。)

さて、2~3日前の朝のことです。

いつも行くコーヒー店のビル前を、消防隊の人々が行きかい
なにやらあわただしい雰囲気が・・

火災報知器がず~っと鳴り響いていたということで、消防車9台(なんと!)、
救急車1台来てました。誤作動ということで何事もなかったんですが。

モーニングコーヒー飲みながら、ぼ~っと窓から見ていたんです。
赤い消防車とか、サイレンとか、消防隊の人たちの背中の酸素ボンベなんかを
見ていると突然日常を超えて、緊急事態発生!の非日常の世界へ行ってしまい

3年前、強烈なめまいでぶったおれ、救急車で運ばれたこととか(つらかった
家族のものが夜中、ワーワー騒いで(俺はもうダメだみたいな・・)自分で呼んで救急車がきちゃった。でも、全然どこも悪くなく、救急車にはお引き取り願った(大迷惑な話)とかいうのを思い出したり・・

「生」が”日常”としたら、「死」は生から見た”非日常”ですが
3次元現実のルーティンワーク的な日常世界を超えて、非日常世界に移行することは違った形態(死とかスピリットとか)で生きる練習だな~と

だからミステリアスな非日常を体験できるとしたら
それがちょっぴりこわい体験だとしても(怖すぎるのはダメね。私は)貴重なのでは。

通常、非日常へは、病気や出産とか、事故とか生命をおびやかされるような時に
意識が入っていってしまう世界なわけですが、

楽しい日常の超え方もあります
一卵性双生児でしょ、とか人から言われる母と私は
子供のころね~フランス人形かってもらってね~ もううれしくてね~
でも何年かあと、落として割れてしまったのはもうものすごく悲しくてね~
とか、もろもろの昔話なんかは、かる~く意識が日常を超えます

また、他の日常の超え方で私が好きなのは
瞑想とかチャネリングですね
意識はかる~く日常世界を超えて、静寂なる精妙な非日常世界へと向かいます
そしてその平和に満ちた精妙なる世界から帰ってくれば
その日1日が大安心の祝福に満たされるんだな~

でも肉体があるうちは、日常生活をしっかり送らねばなりませんから
いくら非日常がアセンション前後の練習になるといっても行きっぱなしはダメで
要は、日常と非日常をバランスよく(意図的に)行ったり来たりが最高ということです

興味のある方にはセミナーもあります。ご参考までに。
精妙なる高波動領域へ行き、エネルギーを降ろすための習得セミナーです。
(予約は随時受付中です♪)

ギフトオブザスピリット
神聖幾何学/アストラルトラベル
カバライントロダクション
24本DNAアクティベーション
シバリンガムマジック

こちら右は↓「水まんじゅうミント味」和菓子のクールな非日常感味わえました♪
中は白あんでおいしいです~♪ (左はカノコね♪)
画像