☆カルマの姿

画像「あるがままに ラマナマハルシの教え」から

質問者:この身体が終わるまで続くと言われているプラーラブダ・カルマを、身体が存在する間に克服することができるでしょうか?

マハルシ:できる。カルマは、身体と真我の間に生じた自我と呼ばれる行為者に依存している。自我がその源のなかに溶けて姿を消してしまえば、それに依存しているカルマも生き残ることはできない。それゆえ、「私」がないところにはカルマもない。


生きているうちにカルマから離れ
自由自在な領域に行かれますか?という
質問に対して

ラマナマハリシは
自我がその源(真我)のなかに溶けて姿を消してしまえば、
それに依存しているカルマも生き残ることはできず、
それゆえ、「私」(自我・エゴ)がないところにはカルマもないと答えています。

これは幽霊の姿見たり枯れ尾花・・
(あ、ちょっと違うかもですが)(笑)

つまり、カルマは自我が作り出した幻影なんだよ
だから、本当の自己(真我)に帰れば幻影(カルマ)は
消えるんだよと言っています。

しかし、人生は何が幸いするかわかりません

今現在が恵まれている環境、人生を送っている人々には
カルマから解放される機会が訪れにくく
(安楽であれば、そこにまだいたいと思うからです)

今現在逆境にいる人々や辛酸を味わい尽くした時には
カルマからの解放が早いかもしれません。
(どこにも身の置き場のない人生から逃れるために
ハート・真我の道を選ぶことになれば)

でも、どの人生、どの状況にいたとしても
全ての人が祝福されているし
いずれは本当の自己(真我)へ帰っていくという
ことには間違いありませんね。

私は早く帰りたいと思いますが~
せっかちなので(笑)