☆首都圏地震回避のワーク

画像時代時代で、はやり言葉というか
出会うと誰もがかわす言葉があります。
今は、「時間がもう、本当にないですね~」ですかね。

ちょっとぼんやりしていると
2,3日があっという間に過ぎ、
時間よどこに行ったの~!
と言う悲しさを感じたりします。

そんな貴重な時間をわけていただきました。

5月2日、3日の「首都圏地震回避ワーク」という
遠隔エネルギーヒーリングにです。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
奉仕の為のライトワーク

本格的な地殻変動期に入ってしまった日本として、
いつ起こるかしれない大地震・大災害を
未然に散らすことができればということでの
合同遠隔ワークでした(今回は首都圏でした)

地球が目覚めの時期に入ったということで
私たち人間はなすすべもないのかというと
そうでもなさそうです

当日、テンプルを開き
日本神界の神々(地震を抑える鹿島明神など)をお呼びして聞いてみました。
以下のアドバイスをもらいましたのでシェアさせていただきますね

Q:これからの日本はどのようにしたら災害から逃れ、経済を盛り上げられますか?


揺らぎのある意識が大事を小事にする(固定的になるなよというところでしょうかね)

くもり(心の?)を晴らし、ベール(ブロック)を取りなされ

コミュニティをいくつもつくり、小さいながらも充実させていくやり方が経済復興になる

人々が天と地をつなぐことにより、それに応じて災害は縮小する

物質的なことによりどころを持つ時代は終わりました。神とつながることです。


と、こんな感じだったのですが
つまり、天と地をつなぐ人間として
皆仲良く暮らせば、天も地も味方になってくれるでしょう
と言うことなのでしょうね~☆

写真上は、今日行ってきました
鹿島神宮、奥宮です。
鹿さんたちがめちゃかわいかったです!